単車活動記

KRiMe(ケーライム)と読みます。単車活動や、パーツ交換などその他色々を記して行こうと思っています

ベルト交換の時間だコラァ!!

どうも、今日xjrで立ちゴケしてガソリン撒いてからキャブ周りがガソリン臭いKRiMeです。

 

これはガソリン漏れになってしまったか…?

 

いますぐには問題なさそうなのでとりあえずこの問題は保留しておこうと思います。

 

さて、本題です。

先日ドライブベルトがお釈迦になったスーパーディオですが、2りんかんで純正ベルトを購入して来ました。

 

f:id:tango0206:20180917011514j:image

こいつを交換してやれば後は元どおり!

 

f:id:tango0206:20180917011602j:image

この左のボルトを外して行くのですが、前回友達に借りた巨大トルクレンチで一度緩めているとはいえ、硬いものは硬いです。

1人じゃビクともしないかなと思っていましたがプーリーホルダーをセットし、クラッチに引っ掛け、ラチェットをはめてから踏み込むと、スルッと取れました。

 

f:id:tango0206:20180917011809j:image

削れカスのような物が山ほど付いています。

息を吹きかけて飛ばしました(鼻に入ってくしゃみが止まらなくなった)

 

f:id:tango0206:20180917011920j:image

新品の時にあったRPM Racingの文字は削れて無くなっていました。

f:id:tango0206:20180917012007j:image

前回ウエイトローラーも適当に入れてた記憶があったので向きを揃えて来ました。

状態は少し磨耗した感じです。

 

これで交換は完了。

 

交換後、走行してみましたが最高速度は70行くか行かないか程度まで落ちていました。

恐らくベルト交換して間もないからだと思います。

しかしレスポンスは格段に向上していました。

 

あと、よくわからないのですがフロントフォークを通じてハンドルに振動が強く伝わるようになりました。何故だろう…

 

とまあこんな感じです。

 

チャンバーも組み付けたいですが、スーパーディオは現行車種ではないためあまり種類もないですし、通学に使う為エンジンの寿命を短くするわけには行かないのです。

その為スーパーディオのチューニングはプーリー交換のリミッターカットだけで一応終わりになります。(壊しても良いぐらいお金があれば、限界までフルチューンしたいと思っていますが、何年先になるのやら・・・・)

 

次に欲しいものはRPM67Racingマフラーですね。

 

さらにその次は普通自動車の運転免許を取ろうと思っています。

 

これから書く記事はラーメンの感想と関西区の滝レビューが主体になると思われます。

 

スーパーディオの記事を書くとなると基本修理ですね。

 

とまあこんな感じです。

 

ではまた…