単車活動記

名前変えました!KRiMe→みすかです! 電子工作にハマり始めavrと回路を勉強しています。

スタッドボルト再利用

どもども、調子に乗ってアリアⅢで17000円負けたKRiMeです。

 

今週末にボアアップしようと思いましてですね。

 

勉強の為に前のエンジンをバラしたんですよ。

 

f:id:tango0206:20190730193625j:image

 

今ついてるシリンダーのマフラースタッドボルトから持ってきても良いんですが、多分外でする事になるのと事前にやり方を知りたかった為、前回のエンジンのスタッドボルトをボアアップキットのシリンダーに取り付けて、ポン付け可能状態に持っていきます。

 

 

しかしですね、スタッドボルトを外すって調べると専用工具が必要と。バイスプライヤーだったかな?

そんなもん持ってねえ訳でして…わざわざこの作業のためだけに買うのも…(以前も同じことを書いた気が…)

 

まあそんな感じでバイスプライヤー無しでスタッドボルトを取っていきます。

 

必要なもの

 

ラチェットレンチ

10mmソケット

メガネレンチ10mm

M6ナット2個

気合い・根気・握力

 

 

まず、前のシリンダーについているスタッドボルトにメガネを先に通して、ナットを裏向きに入れます。(皿状でないナットは表裏関係ありません)

f:id:tango0206:20190730194455j:image

この状態から表向きにもう一つのナットを入れていきます。

f:id:tango0206:20190730194528j:image

この最初に裏向けて入れたナットと、後から入れたナットを向かい合わせて締めていきます。

下側のナットは緩む方向に回し、上側のナットは閉まる方向に回して、互いに力をぶつけ合う様に閉めます。

f:id:tango0206:20190730194758j:image

あとはこのメガネとラチェットを両手で握って開いての繰り返しです。

これを繰り返すとスタッドボルトが抜けます。

新シリンダーへの取り付けは簡単なので省略します。閉めて行くだけなので。

 

いやー大変でした…

載せ替えする前のエンジンはハイスピードプーリーのみで85kmぐらい出ていたのに今のエンジンはハイスピードプーリーとチャンバーまでつけて70kmしか出ないので、圧縮下がってるんだろうなーと思っていましたが、前回のエンジンをバラした時にヘッドを見てみるとかなり面研されてまして…ヘッドにヒビが入っていました。これだけ圧縮あげるとそら早いわなと。

キックもかなり硬かったですしなあ

 

ウエイトローラー13gも買ってきましたし、準備は万端です!

あ、あと前回のクラッチにノーマルクラッチスプリングを組まないといけませんね。

慣らしが終わったらハイギアを入れたいところなんですが71.8ccで42×18のギア回せるかなぁ…最終減速比が8.なんぼかになるんですが、行けるんですかねぇ…

 

ではまた…